HOME > 償却について
償却について

償却についての考え方

太陽光発電の耐用年数は基本的に17年です。 たとえば、補助金を受給して設置した太陽光発電は、法定耐用年数である17年の間は勝手に処分できないことになっています。処分のためには、太陽光発電普及拡大センターの承認を受ける必要があります。 しかし、太陽光発電の法定耐用年数が9年になる事例がありました。 国税庁に、「自転車の製造を行う会社が、太陽光発電を設置してその電力を工場の設備を稼働させるために使う場合、耐用年数は何年か」という質問が投稿されたところ、国税庁の回答は「耐用年数は9年」というものでした。その理由は、太陽光発電の使い道に関係しています。 解釈の趣旨としては、太陽光発電が作る製品(電気)を使って、自動車という製品がつくられる場合、太陽光発電は最終製品(自動車)に関わる設備と判断され、耐用年数が変わってくるのです。
太陽光発電設備は、2013年4月1日から2016年3月31日までの期間内に取得等して、その日から1年以内に事業用に供した場合、事業年度内(事業用に供した日を含む)で特別償却ができます。 なお、2015年3月31日までの期間内に取得等して、その日から1年以内に事業用に供した場合、事業年度内(事業用に供した日を含む)で即時償却ができます。

■ 青色申告している法人又は個人を対象に普通償却に加えて取得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却。

太陽光発電設備は、2013年4月1日から2016年3月31日までの期間内に取得等して、その日から1年以内に事業用に供した場合、事業年度内(事業用に供した日を含む)で特別償却ができます。
*法人又は青色申告書を提出する個人で10kW以上の太陽光発電システムを導入する場合が対象となっています。詳しくは、担当の会計士、税理士とご相談ください。


■ 青色申告している法人又は個人を対象に買取価格の全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却。

なお、2015年3月31日までの期間内に取得等して、その日から1年以内に事業用に供した場合、事業年度内(事業用に供した日を含む)で即時償却ができます。



利益の上がっている会社の即時償却の賢い活用方法

売電収益が利益として上がってくるので、その分を経費化。

新規事業などの人員配置などをおこなうことで、
売電利益=人件費 となり、雇用創出にも貢献できます。
太陽光発電事業のソーラーエナジーソリューション|Solar Energy Solution|富山・茨城
■企画元
株式会社プランニングネットワーク
〒939-8211 富山市二口町1丁目7-14
http://www.planning-network.co.jp

個人情報保護方針についてはこちら